モットンの悪評はこの3つに集約される!

腰痛対策として評判の高反発マットレスのモットンは2015年の半ばからネットでの口コミで突如有名になりました。

 

色々なサイトでモットンの良いところばかりを目にしますが、本当のところはどうなの?

 

モットンの悪評?

 

実際、モットンに対して低い評価を与えてる人もいるし、ネットでの購入だと良い評判ばかり目に行きがちですが悪評も抑えておく必要がありますね。

 

ということで、モットンの良い点は色々なブログなどで解説されてるので、私からはネットでよく見るモットンの以下3つの悪評についてまとめてみました。

 

モットンのマットレスが怪しい!
モットンの返金保証が怪しい!
モットンの口コミが怪しい!

 

実際、私はモットンの良い評判ばかりに目が行ってしまって購入しました。
しばらく使ってみて悪評が真実なのかどうかを検証してみたいと思います。

 

良い評判も悪い評判も知って購入の判断をするのが良いかと。

モットンのマットレスが怪しい?

モットンの寝心地

 

まずは一番大切なモットンのマットレスとしての性能、つまり寝心地はどうなのか、変な素材を使っていて耐久性が低いのか、腰痛は実際に良くなったのか?

 

ネットではいくつか悪評が出てます。

 

まず、モットンの寝心地について

「フワフワしすぎて寝心地が悪い」
「最初は夜中に目が覚めた」
「暑苦しくて寝にくい」

 

モットンのこんな悪評をネットで目にしました。

 

実際のところはどうなのかというと、確かに高反発マットレスというのを初めて使う人にとってはフワフワしすぎてる感じはあるかと思います。

 

 

特に和布団やボンネルコイルのマットレスを使っていた人にとってはかなり変わった寝心地なのでもしかしたら数日間は寝にくいかもしれませんね。

 

 

私もちょっと寝心地になれるまで時間がかかりましたし、夜中に目が覚めてしまうこともありました。
その代わりモットンの寝心地になれたら逆に布団や安いビジネスホテルのマットレスの寝心地が気に入らなくなるかもしれません。

 

 

また、モットンは通気性が高いマットレスといってもウレタンマットレスなので何も対策しないと夏はちょっと熱いです。
低反発マットレスの方がもっと暑苦しさを感じますが、高反発マットレスはやっぱりどれも暑いです。。。

 

 

エアウィーヴやエアリーといったポリエチレン素材のマットレスは涼しいとは言わないまでもそこまで暑苦しさを感じませんがウレタン素材のマットレスは暑苦しさは否めません。

 

マットレスの温度調整できる敷きパッドはあった方がいいですね。

モットンの返金保証が怪しい?

モットン返金

 

モットンは90日間の返金保証キャンペーンで、「使ってみて体に合わないと感じた場合は購入代金を返金します」という制度があります。

 

でも、

 

「モットンの返金保証が怪しい」
「返品トラップが巧妙」

 

などの悪評をネットで見かけました。

 

 

この文字だけ見ると「返金してほしくても受け付けてもらえなかったりするんじゃないの?」

 

と気になったりしますよね。

 

 

ちょっと話はそれますが、ライザップという高額なスポーツジムで返金保証があって一躍有名になりましたが、返金保証制度を使うためのかなり細かい条件があったりして問題になったりしました。

 

またネット通販の化粧品でも返金してもらおうとサポートセンターへ連絡したらかなりしつこい引き留めに合ったということもあるので。

 

ネット通販での返金保証はちょっと注意が必要なんです。

 

ちょっと話がそれましたが、モットンの返金保証制度にも条件があります。

 

保証期間内に手続きすること

これはモットン公式サイトでも書いてありますが、モットンの返金保証は保証期間内に手続きする必要があります。

 

それは商品が届いてから90日間が経過して、14日以内であること。

 

この期間から外れていれば返金保証を受け付けてもらえないんですね。

 

理由はマットレスが体に合うかどうかは90日間は様子を見てほしいということですが、ネットでの口コミでは、「分かりにくいし、忘れやすい!」という悪評があります。

 

単純なんですが、アプリでもなんでもいいのでメモしておくなど意識する必要がありますよ。
というか、シングルサイズで39,800円もする買い物だから普通はスケジュール帳にメモしたりするのが一般的な感覚だとは思います。

 

公式サイトから購入していること

楽天やAmazonで購入しても返金保証サービスを受けることは出来ません。
返金保証制度があるのは公式サイトで購入した場合のみです。

 

 

というか、楽天やAmazonではモットン公式サイトでは公式サイトよりも高い価格で販売しているので買うことはないかと思いますが。。。

 

 

中にはヤフオクでモットンを購入したけど保証書がなくて返金手続きが出来なかったという人もいます。
そもそもヤフオクで購入した時点で保証書があっても返金できないので注意してください。

 

ヤフオクでも新品同様のモットンが出品されてますが、枕やマットレスはさすがにヤフオクでは買う気になれません。。。

 

モットンの取り扱い店舗はいくつかありますが、安心してリスクなく購入するならやはり公式サイトであるモットンジャパンから購入するのがいいですね。

 

モットンマットレス、カバー、保証書の3点セットを返品すること

返品時にはマットレスとカバー、保証書を返品する必要があります。

 

マットレスはちょっとサイズが大きいので送料がかかってしまいます。
安く上げるには大きめの箱にモットンを入れて梱包した状態でヤマト運輸のヤマト便を使うのが最も安上がりです。

 

梱包する箱がないなど無理であればらくらく家財宅急便をつかうのがいいですね。

 

 

返品時には手数料が引かれること

モットンの返品保証に関する悪評で一番多いのが、返金手数料が引かれてしまうこと。

 

モットン公式サイトの返金に関するFAQの欄で説明されてますが、一律3,924円必要になります。

 

ということで、送料、返金手数料を合わせると約5,000円はモットンの返金保証でかかってしまうということなんですね。。。

 

これを返金保証の罠と言ってる人もいますが、公式サイトのFAQの欄に書かれているので確認しましょう!

 

「5,000円も返金にお金がかかるんだったら超安いマットレスが買えるじゃん!」

 

という書き込みもみましたが、個人的には激安マットレスは素材のホルムアルデヒドなどが気になるし、臭いもきついので買う気になれません。。。

モットンの口コミが怪しい!

モットンステマ

 

モットンの悪評については「口コミそのものが怪しい」とか「やらせじゃないのか?」という書き込みもそこそこ目にしてきました。

 

モットンは腰痛対策の高反発マットレスなので、良い口コミとしては

 

「腰痛が改善した、または解消した!」
「椎間板ヘルニアで苦しんでいたけどモットンで寝てから毎日が楽になった!」

 

などかなり強烈に良さそうな口コミが多いので、そもそも口コミが怪しいと思う気持ちもわかります。

 

また、マットレスが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を治療してくれるわけではないのも事実。

 

モットン公式サイトもエアウィーヴと比べると洗練されたイメージが弱くてどちらかというとマットレスの良い面をゴテゴテとアピールしてる印象は否めません。

 

 

だから、モットンを手にしたことがない人は、「ヤラセでレビュー書いてるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

 

ちなみに、私の場合は腰痛を少しでも楽にしたくてモットンを購入したわけなんですが、

 

使ってすぐに腰痛がきれいに消えたということはなくて、
今まで良くない睡眠姿勢が正しくなったとか寝返りの回数が増えてその結果として寝起きの腰痛や肩こりが楽になってきたという印象です。

 

 

なので今あまり運動してないとか、体が硬いという人で、今使ってるマットレスが歪んできたりして寝起きに腰が痛いという人にはいいかもしれません。

 

ただ、PC作業時などで腰に負担のかかる姿勢を長時間続けるような人はモットンに限らずどんなマットレスにしても腰痛はあまりよくなりません。

 

日ごろから軽くストレッチをしたり、整体に通ってもいいですから腰痛対策をしながらモットンで寝るなどある一定の努力も必要ですよ。

 

 

私はモットンを購入したのをきっかけにYoutubeなどで腰痛によさそうなストレッチを探して寝る前の数分間ストレッチをする、仕事中もできるだけ足を組んだりしないで正しい姿勢を意識するということをしたら劇的に良くなっていきました。

 

逆を言えば日中いくら腰痛対策としてストレッチをしたり、整体に通ったり、姿勢を意識しても寝姿勢が悪いと腰痛対策の効果が半減してしまうんですね。

 

ということで、モットンで腰痛が治ることはありませんが、ちょっとした腰痛ケアの意識をもって過ごすことを前提にモットンを使うこととでかなり腰の負担が軽減できるのは断言できますよ。