高反発マットレスは体圧分散と寝返りの打ちやすさがポイント!

高反発マットレスが腰痛の予防と改善に効果を発揮するのは、体重が一部に片寄らず、体圧が分散されることで正しい寝姿勢を保つことができるからです。

 

体圧分散

 

正しい寝姿勢とはすなわち、背骨が自然なS字カーブを描いている状態のことをいいます。

 

また、高反発マットレスは体が沈み込まないので寝返りを打ちやすいといったメリットもあります。

 

血液の流れが促されるので効果的に疲労物質が取り除かれ、腰の痛みも和らげることができるのです。

 

 

高反発マットレスは昔ながらのマットレスとは異なり、綿布団の下に敷いて使うものではありません。

 

高反発マットレスは横になった時、全身の体圧が分散されるように素材を吟味して生産されています。
この上に綿布団を敷いてしまうと高反発マットレスにかかる体圧が変化してしまい、期待通りの体圧分散効果が得られない可能性があるのです。

 

 

そのため、高反発マットレスはそのまま横になる、単体での使い方をおすすめします。
最近の高反発マットレスは吸水性や通気性に優れるものが多く、夜に吸収した汗も昼には発散してくれる仕組みになっているので、すぐにカビやダニの温床になってしまうということはありません。

 

 

ただし、その機能にも限界があるので、高反発マットレスは床に直に敷くのではなく、すのこベッドなどに敷くことをおすすめします。
また、時々は立てかけ、湿気の放出を促してやるのが長持ちさせるコツです。

 

なお、どうしても汗が気になるという方は薄いシーツなどを敷くのであれば特に問題はありません。

 

高反発マットレスと低反発マットレスの違い

低反発マットレスとは、NASAが宇宙船の打ち上げ時において宇宙飛行士の衝撃を和らげるために開発した素材を使用した寝具のことです。

 

低反発マットレスは圧力によって形状が変化すると、ゆっくり復元するという性質を持っています。

 

低反発マットレスでは体全体に均一に体圧がかかるため、さながら、包み込まれるような心地よい寝心地を得られるのが特徴です。

 

 

その意味で低反発マットレスはストレスなどで寝不足という方などにおすすめです。

 

高反発マットレスとは、三次元に絡まった高反発素材の繊維により、あらゆる角度から体全体を支えてくれるという寝具です。

 

高反発マットレスの表面には細かい凸凹があり、これによって体圧を適度に分散できるようにできています。

 

 

高反発マットレスは体圧分散効果が高いので、首、肩、腰など、一部に強い負荷がかかる心配がありません。

 

また、高反発マットレスは弾力性があるので寝返りを打ちやすく、睡眠中にも自然と楽な寝姿勢が取れるようになっています。

 

 

大雑把に区別すると、低反発マットレスは寝心地に優れる寝具であり、高反発マットレスは体圧分散効果と寝返りの打ちやすさに優れる寝具です。

 

快適な睡眠が得られるのはどちらかというのは使用者の体格や体重によって変わってくるので、一概に断定することはできません。

 

しかし、低反発マットレスや高反発マットレスを使って眠っており、疲れが取れない、痛みが引かないというのであれば、ひょっとしたら自分の体に合っていないものを使っている可能性があります。